不動産物件情報の「囲い込み」について

099-814-7771

営業時間|9:30~18:00 定休日|水曜日・第2火・第4火曜日・GW・お盆・年末年始

「囲い込み」とは?

通常、売主から不動産売却の依頼をうけた不動産会社は、その「物件」を自社だけで販売せずに、他社へ物件情報を共有し、多くの不動産会社で販売できるようにしなくてはなりません。

「囲い込み」とは、売主から売却依頼を受けた不動産会社が別の不動産会社から物件に関する問い合わせがあっても
「その物件は既に商談中です」、「他のお客様が契約予定です」
などと嘘の情報を流して物件を自社で抱え込み、他社へは物件情報を紹介しない事を言います。

なぜ「囲い込み」をするのでしょうか?

不動産売買では、売主と買主の両方が仲介してもらった不動産会社に仲介手数料を支払います。
売主から不動産の売却を依頼された不動産会社は、買主を自力で見つければ、売主と買主の両方からそれぞれ手数料を受け取ることができます。
このように、売主も買主も同じ不動産会社で仲介することを「両手取引」と呼び、両手取引は不動産会社にとって利益が最大になる理想な形です。

しかし、別の不動産会社の仲介で買主が見つかった場合、自社が受け取れるのは売主からの手数料だけになります。
このため、不動産会社が「両方から手数料を受け取りたい」と考えた場合、別の不動産会社から物件に関する問い合わせがあっても、物件の情報を流さず、何とか自力で買主を見つける事があります。
そうすることで「両手取引」へ持ち込み、手数料を確保しようとするのです。
つまり「囲い込み」をする狙いは「両手取引」なのです。

不動産仲介会社の収入源は、基本的には「仲介手数料」です。

例)物件を2,000万円で売却する時、仲介手数料は712,800円となります。
不動産会社Aは売主から712,800円の手数料を受け取り、不動産会社Bは買主から712,800円の手数料を受け取ります。
囲い込みについて片手取引
両手取引の場合、不動産会社Aは売主からも買主からも712,800円の手数料を受け取ります。
囲い込みについて両手取引

イエステーション鹿児島中央店のお約束

「売主・買主の両方から手数料を受け取りたい」と、他の不動産会社さんに情報を出し惜しみしてしまうと、売主様にとって良い条件で販売できるチャンスを逃してしまうことになります。

イエステーション鹿児島中央店では、売主様が希望条件で売却できるよう、預かった情報を隠すようなことは一切行っておりません。

地域に根ざした営業活動を行い、住まいの専門家としてお客様の望みを叶えるべく満足度の高いサービスを提供し続けています。
ページの先頭へ